四日市で腰椎椎間板症の治療は「腰痛施術の匠」橋爪接骨院へ!

腰椎椎間板症の患者さん

 

腰が痛くなり整形外科を受診するとレントゲン検査を行い、腰椎の間が狭くなっていると腰椎の間にある椎間板が潰れてきていて狭くなることによって腰痛が起きていますと言われることがあります。

 

しかし、腰椎の間が狭くなっただけでは腰痛は起こりません。

 

もっと言えば、椎間板はレントゲンに写らないのでわからないんです。

 

ただし、狭くなった箇所は普段から負担がかかっている可能性は高いと言えます。

 

そして、通常であれば治療されることのない腰の深いところにある筋肉が硬くなっている可能性が高いんです。

 

治療しなければ隙間はどんどん狭くなってしまいます。

 

腰痛の原因はほとんどが筋肉によるものですが隙間を狭くさせてしまっている筋肉を早急に施術する必要があります。

 

腰椎椎間板症と整形外科で言われ心配になっている方はヘルニアになってしまう前に橋爪接骨院にご相談ください。

 

 

腰椎椎間板症についてはこちらで詳しく解説しています!

四日市で腰椎椎間板症の治療をしています!

 

 

四日市で腰椎椎間板症の治療

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

https://hashizumesekkotsuin.com

 

三重県四日市市鵜の森1丁目8-15

タウンライフ堀川1F

TEL:059-336-6950

日曜日やってます!