腰椎分離すべり症について

腰椎分離症の患者さん

 

腰椎分離症は先天性の場合もありますが、成長期に激しいスポーツを行うことで発生することが多いです。

 

中には運動に積極的ではない子供にも起こる可能性もあります。

 

成長期の分離症が早期に発見されると、運動制限やコルセットによって、骨の癒合が期待できますが、時期を逃すと癒合することは困難になります。

 

ほとんどの方は分離症になると安静が保てずに、分離が完成されてしまいます。

 

そして、慢性的に腰痛を抱えてしまうことがあります。

 

場合によっては年齢を重ねるにつれて、腰椎での不安定性がでてきて、すべり症に移行することもあり注意が必要です。

 

ただし、分離症やすべり症があったとしても、腰痛の原因は骨にない場合が多いんです。

 

分離症のプロのスポーツ選手はたくさんいますし、上手に付き合っていく事が重要なんです。

 

腰痛が起きないように治療していき、すべり症に移行しないように管理していくことが重要となります。

 

腰椎分離症でお困りの方は橋爪接骨院にご相談ください。