できれば避けたい脊柱管狭窄症の手術

脊柱管狭窄症の患者さん

 

 

脊柱管狭窄症の手術を御存じですか?

 

このように骨を削り取って、狭くなった脊柱管を解放するんです。

 

しかし、腰椎すべり症などがあって、腰椎が不安定だと判断されるとボルトで固定されます。

 

かなりショッキングな状態になります。

 

もし、僕の家族が脊柱管狭窄症と診断されて、手術を勧められたら、僕は必死に施術します。

 

ボルトたくさん入ったまま生活したくないですよね。

 

手術しても痛みが残る方もたくさんいるんです。

 

そして、手術前にはあまり説明されないことですが、固定した上下の関節や椎間板部分にかなりの負担がかかるようになるんです。

 

本来動いている部分を固定しているのですから、当然のことですよね。

 

手術せずによくなる可能性があるのであれば、一番よくないですか?

 

本当の原因が狭窄症でないのならば、試してみる価値はあると思います。

 

脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアでも、あきらめていたゴルフに復帰された方もいます。

 

 

痛みがとれたら、何がしたいですか?

 

四日市の橋爪接骨院

 「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

https://hashizumesekkotsuin.com

 

三重県四日市市鵜の森1丁目8-15

タウンライフ堀川1F

TEL:059-336-6950

日曜日やってます!