腰と股関節の痛み

変形性股関節症の患者さん

 

股関節の痛みがある方は腰痛も併発していることが多いです。

 

股関節の左右差がある場合には骨盤の左右差も起こりますし、脊柱の歪みも生じやすいです。

 

また、腰椎や胸椎から股関節に付いている重要な筋肉もあるため、腰と股関節は密接な関係があります。

 

さらに、腰椎上部からの神経が股関節周囲の筋肉を多く司っているため、骨盤だけではなく胸椎や腰椎の調整も行う必要があります。

 

痛みが慢性化する前に受診することをおすすめします。