できれば避けたい側彎症の手術

側彎症の患者さん

 

最近、学校で側彎症の早期発見のため検診が行われています。

 

日本では一般的に思春期の特発性側彎症に対して、装具療法が主流で、側彎体操などの運動療法や矯正は効果がないと言われていますね。

 

日本側彎症学会ですら、運動療法に客観的なデータはないと言っています。

 

検査が徹底され、早期発見ができるようになった現在、特発性側彎症と診断された本人、ご家族の気持ちを思うと本当にやりきれない思いになります。

 

変形の進行予防に装具の効果はあると言われていますが、完全な運動制限は思春期の子供さんにはとてもつらいことです。

 

それに装具療法だけだと脊柱を固めてしまう恐れもあります。

 

成長段階の年齢では急速に側彎がすすむ可能性もあるため、医師の判断により程度によっては装具療法を行う必要があります。

 

しかし、多くの医療機関では装具療法を行い、定期的なレントゲン検査を行っていくだけで、積極的な側彎症の治療は行われないのが現状です。

 

そして、進行してきたら、大きな病院に紹介され、大がかりな手術を勧められます。

 

必ず側彎症が治り真っすぐになる!とは断言できません。

 

もちろん側彎症がすすむ可能性もありますが、人間の可能性を信じ希望を与えられたらなと思っています。

 

当院の施術と体操にてcobb角というレントゲンで側彎の曲がり具合を評価する角度が改善した方もいます。

 

何もしなければ、側彎症は進行します。

 

改善は期待できないでしょう。

 

将来のために希望をもちませんか?

 

進行の予防する体操、日常生活で気をつけるべき事、私の施術・・・

 

側彎症は改善する可能性があるんです。

 

当院には特発性側彎症や成人の側彎症の患者さんも通院されています。

 

 

少しでも改善する可能性を信じたいとお考えの方は当院にご相談ください。

 

四日市の橋爪接骨院

「腰痛施術の匠」橋爪接骨院

https://hashizumesekkotsuin.com

 

三重県四日市市鵜の森1丁目8-15

タウンライフ堀川1F

TEL:059-336-6950

日曜日やってます!